物流ソリューション

両備グループの情報システム構築力と私たちの物流ノウハウを活用。
最適なソリューションをご提供します。

産業の一大インフラとして近年注目されている物流業務。24時間365日産業の下支えを行なっている物流現場を、私たち両備トランスポートは長年蓄積した現場ノウハウと管理手法、ローコストオペレーションで強力にサポートしています。柔軟な配送サービス、万全の倉庫機能、情報と物流をセットで提供し、企業のサプライチェーンマネジメントにお応えします。


全体最適をベースにした物流効率化を支援します

変化の激しい市場動向・顧客ニーズに対応するために、ロジスティクスの分野においても日々変化への対応が求められています。在庫コスト・輸送コストをどのようにミニマイズするか、また受注・生産・調達活動に最適なロジスティクスを構築しメンテナンスしてゆくことが企業の収益力の源泉となっている今日、弊社では経験豊富なスタッフがお取引様の物流に関して現状分析、課題抽出、改善案提案を通じて、全体最適のための物流効率化を支援いたします。


ソリューション事例

【1】物流アウトソーシング

物流アウトソーシングのニーズに対応

物流業務のアウトソーシング化、コア業務への経営資源集中の動きが進むなか、受注、在庫引当て、入出荷、輸配送、在庫管理などの業務を一括して受託・運営し、取引先様の物流コスト削減に寄与しています。

納品代行業務運営

流通業のバックヤードや、大規模工場への納品代行業務も長年にわたり運営。そのノウハウ蓄積により、よりキメ細かなサービス提供を行っております。

【2】調達物流支援(ミルクラン輸送)

いままで納品業者任せであるケースが多い資材調達物流の効率化・合理化を取引先様と一体となって運営・ご支援しています。
ミルクラン輸送による調達資材一括引取りや納品センター運営など、取引先様の業態・状況に応じて最適なスキームをご提案いたします。

◆事例1 電力会社各営業所向け配電用資機材輸送/中国電力と両備グループ(両備バス)の共同出資により、平成15年2月「株式会社エネルギア・ロジスティックス」を設立。
◆事例2 精密機器工場向けミルクラン輸送
◆事例3 大手小売店チェーン物流センター向けミルクラン輸送

【3】小ロット貨物共同配送

中国・九州エリアの小ロット貨物対応
従来ロットがまとまらず、コスト高になっていた中国エリア、九州エリア向けの貨物輸送に関して、弊社幹線便と営業拠点(岡山・広島・防府・北九州)をTC(Transfer Center)として利用した共同配送を展開。小ロット貨物の輸配送コスト低減と品質の高い輸送サービスを両立させています。

【4】物流コスト診断

市場動向に敏感な物流のプロが貴社の物流コストを診断します
「同業他社に比較してわが社の物流コストはどの程度の位置づけにあるか」「わが社の物流コストは妥当なのか」というハナシは、お取引先企業の物流ご担当者からよくお聞きすることです。
個別企業によって物流コスト把握のモノサシが異なるため、雑誌などで発表されている「物流コスト比較」などではなかなか判定し難いのが現状ではないでしょうか。
弊社では長年さまざまな業種の物流に携わってきたノウハウを基に、お取引先様の物流コスト現状を診断、輸送コスト、在庫コストを詳細に調査することにより、物流コスト削減のポイントをご提案しています。
また物流コスト診断をベースにして、より詳細な物流コンサルティングも承っております。