インストラクター制度

 

社会やお客様に「安全」をお約束するため、日々物流技術を磨いています。
両備トランスポートカンパニーでは安全のための取組として、職場内の推薦で選ばれる
現場リーダーを「インストラクター」に任命し、現場目線での安全活動を実現しています。
現場のことが一番わかっているのは現場の社員です!

 

「インストラクター」による指導

採用時の研修や教育はもちろん、初年度は三カ月ごとの添乗教育やフォロー研修を実施しています。現場リーダーである「インストラクター」たちにより、現場目線でのリアルな教育・アドバイスが受けられますので、未経験者でも安心です。もちろん若手社員だけではなく、全ての社員が指導対象です。知識や経験が現場で役に立ちます。

 


 

現場目線の安全コンテスト

「インストラクター」を中心にスタッフ自らが考え、工夫を凝らし、各事業所の現場に合わせた独自の安全コンテストを開催しています。自分たちで考えた競技だからこそ積極的に取り組み、技術を競い、その成果が身に付きます。成果を見せる場所は「お客様の前」です。

 


 

インストラクター会議

各地の「インストラクター」が集まり、管理者や経営トップと一緒に同じ研修を受けたり、直接意見を交換し合える「インストラクター会議」を開催しています。危険予知トレーニングや実験を交えた安全講習なども会議内で実施します。お互いの考え方や気持ちを共有し、安全品質に対してのレベルアップを図るとともに、風通しの良い職場環境作りにもつながっています。